スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「直ちに影響ありません。」セシウム牛、12都道府県に拡大。全頭検査へ

知っておきたい放射能の基礎知識 原子炉の種類や構造、α・β・γ線の違い、ヨウ素・セシウム・ストロンチウムまで (サイエンス・アイ新書)
斎藤 勝裕
4797365684


【セシウム汚染牛】姫路市にも流通 12都道府県に拡大 SankeiBiz
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/110713/ecc1107131205001-n1.htm



福島県南相馬市の農家が出荷した肉用牛から放射性セシウムが検出された問題で、この農家が同じ飼料を与えていた別の6頭の加工肉の一部が兵庫県姫路市にも流通していたことが13日、東京都への取材で分かった。牛肉の流通先は12都道府県に拡大した。

 都によると、牛肉は大阪府の卸売業者から姫路市の小売業者に販売された。消費者には売られていないという。

 これまで6頭のうち4頭の肉から国の暫定基準値(1キログラム当たり500ベクレル)を超えるセシウムが検出され、8都道府県で販売、消費されたことが明らかになっている。



どうやら全国的にセシウム汚染牛が出回っているようだ。

政府や業者は安全信頼回復に全頭検査をするようですが検査器の数が圧倒的に不足している。

しかも検査に1回1時間越えは楽に掛かるそう。

これでは全頭検査が終わるまで相当な時間が掛かると言うか無理でしょう。

汚染された食べ物が流通される事は想定出来たはずで、全頭検査よりも事故後すぐに流通自体を止める賠償した方が現実的であったはずです。

この辺りは国民の健康を軽視していたためか賠償金を気にしたかは分かりませんが、結果的には国民を危険に晒し食肉の信用を落したのです。

こうなって来ると人間疑い深くなりスーパーなどの小売、コンビニの弁当、飲食店が次々と疑われます。

1回食べただけでは問題がないと言いますが、これは詭弁でしょう。

食べれば食べるほど癌などになるリスクの確率が上がるのですから確立が低くても当たりがあれば引く事はあると考えられます。

また食べても90日で排泄されると偉い学者が言っていますが強烈な便秘の人などはどうなるのでしょう。

個人差がある物について工業製品の様に同じ規格を当て嵌める考えは愚かとしか言いようがありません。

放射性物質が出たら国が買い取り処分するとはっきりと言って貰う方が生産者も食べる方も安心な気がします。

食の安全が脅かされている!と思った人はボールをキック!!
人気ブログランキングへ

知っておきたい放射能の基礎知識 原子炉の種類や構造、α・β・γ線の違い、ヨウ素・セシウム・ストロンチウムまで (サイエンス・アイ新書)
斎藤 勝裕

知っておきたい放射能の基礎知識 原子炉の種類や構造、α・β・γ線の違い、ヨウ素・セシウム・ストロンチウムまで (サイエンス・アイ新書)
放射能から身を守る!! ガイガーカウンターGuideBook 世界一わかりやすい放射能の本当の話 原発事故緊急対策マニュアル 放射能汚染から身を守るために 放射線利用の基礎知識 (ブルーバックス) 図解 知っておきたい!! 放射能と原子力 (ローレンスムック)
by G-Tools
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


Ads by Google
BLOGRANKING
Amazon.
QRコード
QR
アクセスカウンター
ブックマーク
Ads by google.
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
月別アーカイブ
ブックマーク
FX業者ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。