スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実はタバコ増税は青少年の喫煙防止にも役に立つ

「知っておきたいタバコのリスク」説明付き 禁煙 灰皿 SAN1545
B001P0TH7G


中高生も値上げで”禁煙” 厚労省調査 沖縄タイムス
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-07-14_20525/



昨年10月のたばこ値上げをきっかけに、それまで喫煙していた中高生の約2割が”禁煙”したことが14日、厚生労働省研究班の10万人規模の調査で明らかになった。

 一方、毎日喫煙している中高生のうち、たばこ自動販売機用の成人識別カード「タスポ」を家族や知人から借りたり、何らかの方法で入手したりして使ったことがある生徒は63・3%に上り、タスポ導入直後の2008年度の前回調査と比べ約1・5倍に増加した。

 研究班代表の大井田隆・日本大教授(公衆衛生学)は「自由に使えるお金が少ない中高生の喫煙を減らすには値上げが有効だといえる。タスポの効果は薄れたとみられ、自販機自体の撤去を進めるなど根本的な対策が必要だ」と話している。

 調査は昨年10月、無作為抽出した全国の中学と高校計244校に調査票を送付、今年3月末までに170校の9万8867人から回答を得た。



増税は税収が増えるだけではなく青少年の喫煙率が下がるという副産物まであるとはなかなか思いつかなかった。

だがまだまだ喫煙者の2割程度では値段が安いという事かもしれない。

ならばこの機会にいっそ青少年の明るい未来も考えてタバコ大増税・・・プレミアム価格にすると言う試みもありだろう。

今度もし増税する場合は税収の増減の他に青少年のタバコによる未来の損出も計算に入れて税率を上積みしておくという考えも必要かも。

健康に害がある事についても学校でもっと教えた方がいいですね。

癌の発生率や写真で肺の中が変色しているのを見てもまだ吸おうと言う気が沸くのか?

禁煙は難しいですから吸わないのに越した事はないです。

放射性物質を気にするけれどタバコの煙も危険です。

子供達のために増税で脱タバコだ!

増税は青少年のための強制禁煙策だ!と思った人はボールをキック!!
人気ブログランキングへ


脳内ドーパミンが決め手「禁煙脳」のつくり方 (青春新書INTELLIGENCE)
磯村 毅

脳内ドーパミンが決め手「禁煙脳」のつくり方 (青春新書INTELLIGENCE)
リセット禁煙のすすめ―タバコの迷路から脱出し、自由の鐘を鳴らそう! 二重洗脳―依存症の謎を解く 「禁煙」科の医者が書いた7日でやめる本―長く吸ってる人ほどやめられるがまんいらずの禁煙メソッド 最新成果の改訂版 (プレイブックス) リセット!―タバコ無用のパラダイス 喫煙の心理学―最新の認知行動療法で無理なくやめられる (GAIA BOOKS)
by G-Tools
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


Ads by Google
BLOGRANKING
Amazon.
QRコード
QR
アクセスカウンター
ブックマーク
Ads by google.
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
月別アーカイブ
ブックマーク
FX業者ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。