スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子沢山!橋下徹知事は教育問題には少し疎い?

学校の先生が国を滅ぼす
一止羊大
4819110721


橋下府知事「同和問題が理由」と発言 スポーツ報知 
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20110820-OHT1T00229.htm



 大阪府の橋下徹知事は20日夜、自ら率いる「大阪維新の会」が大阪市内で主催した住民集会で、大阪市教育委員会が公立小・中学校で学校選択制を認めていない点について「なぜ認めないか。基本的に、同和問題です」と発言した。

 続けて「いわゆる『被差別部落』と言われた地域があるが、選択制をやるとそういう(地域の)学校が避けられる。これが大阪の歴史」と指摘した。一方で「今の時代は(果たして)そうなのかと僕は感じている」と述べ、そうした事態は解消されつつあるとの認識も示した。

 橋下氏は終了後、記者団に「そういうこと(同和問題)は関係ないという(大阪市内の)区があれば選択制にすればいいし、顕在化し弊害がある区ではやめたらいい」と述べ、議論の必要性を強調した。



同和問題について教育界ではもう何十年となく議論されている話でそんなに簡単に解決出来る問題ではありません。

同和の人間でも抜け出すために引っ越す人も多いですからね。

校区があるのは只の人口調整だそうです。

中学校は小学校の区割りで決まるので小学校の校区を選択性にするとどうなるのか?

橋下知事の言う行きたい学校とは教育レベルの高い学校、有名進学校への進学率が高い学校でしょうが自由に選択出来る様にすればその学校に集中するのに決まっています。

それでは問題の解決には何らならないでしょう。

また小学生が住んでいる校区から離れた遠方の学校に通学するには電車やバス、自家用車、タクシー等を使用する事になります。

私学では低学年の子供さんが遠方に通学している事もありますが、ほとんどは親が送り迎えをしています。

結局は収入の低い人は住んでる近くに行く事になるのでこの発言についてはあまり意味はありません。

学区によって学力格差があるのは先生の能力や学校以外の塾などによる収入格差が及ぼす学力格差による所が大きいです。

これを解消するには先生の免許を更新制にし、能力テスト等をして先生自身の能力を上げるしかないでしょうね。

また能力のある教師は少ないので大手予備校並みに大画面のスクリーンで有名講師ならぬ教師が全学校に授業中継、録画映像で授業の高レベルでの効率化を図るしかないでしょう。

この映像は図書室や生徒、公的機関にコピーを配布すれば簡単に家庭で復習したり欠席した生徒が補習したりするのにもよいと思います。

また能力のない教師の削減、無駄な公務員削減にも繋がるのではないでしょうか?

橋下知事もどうせ掲げるのならこんな小さい事ではなく、塾、予備校に通わなくてもよい教育システムを構築するなんて大きい政策目標を掲げて欲しいですね。

的外れ過ぎてガクッとした!と思った人はボールをキック!!
人気ブログランキングへ

学校の先生が国を滅ぼす
一止羊大

学校の先生が国を滅ぼす
反日組織・日教組の行状 (家族で読める family book series) (家族で読めるfamily book series―たちまちわかる最新時事解説) 決定版 民主党と日教組 ヤンキー最終戦争 本当の敵は日教組だった マンガ日狂組の教室−学校が危ない!! (晋遊舎ムック) 中山成彬はなぜ日教組と戦うのか
by G-Tools
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


Ads by Google
BLOGRANKING
Amazon.
QRコード
QR
アクセスカウンター
ブックマーク
Ads by google.
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
月別アーカイブ
ブックマーク
FX業者ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。