スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野田お前もか!民主党内に広がる外国人献金汚染。

政治献金―実態と論理 (岩波新書)
古賀 純一郎
4004308895


野田氏に在日韓国人が献金 01~03年、時効は成立 共同通信
http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011090301000561.html


野田首相の資金管理団体、未来クラブ(千葉県)が01~03年、在日韓国人の男性から計15万8千円の献金を受け取っていたこと が3日、男性の関係者の話などで分かった。政治資金規正法の公訴時効(3年は、既に成立している。

 政治資金収支報告書によると、男性は同県船橋市の会社役員で、日本名で献金していた。関係者によると、 在日本大韓民国民団(民団)の支部役員を務めている。

 野田氏の事務所は「事実関係を精査してから正式なコメントを出す」としている。

 政治資金規正法は、外国人や外国企業から政治活動に関する献金を禁止。違反すれば3年以下の禁錮か50万円以下の罰金と定めている



民主党に潜む外国人による献金汚染がまた見つかったみたいですね。

今度は現首相の野田氏。

時効は成立しているため罪には問われないようですが、同義的責任及び首相としての品格において疑われる行為である事は間違いないです。

地盤、看板、カバンがない新人議員に資金提供する太っ腹な日本人が少ないせいもあるのでしょうが、

悪法も法なり

という言葉もあります。(例えが悪いですが)

一国の首相として今回の事について説明責任を果たし、民主党に広がる外国人献金問題についての今後の対策について国民に述べなければならないでしょう。

900兆円にも上る国の借金から目を逸らせたりするような、臭い物に蓋をする政治をそろそろ断ち切らなければならない時期に来ていると思います。

野田首相、お得意の演説での説明責任、期待しています。

隠蔽体質は東電だけにして欲しい!と思った人はボールをキック!!
人気ブログランキングへ

政治献金―実態と論理 (岩波新書)
古賀 純一郎

政治献金―実態と論理 (岩波新書)
ドキュメント アメリカの金権政治 (岩波新書) 世襲議員のからくり (文春新書) 政治とカネ―海部俊樹回顧録 (新潮新書) 自民党 迂回献金の闇 日歯連事件の真相 地方議員 (PHP新書)
by G-Tools
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


Ads by Google
BLOGRANKING
Amazon.
QRコード
QR
アクセスカウンター
ブックマーク
Ads by google.
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
月別アーカイブ
ブックマーク
FX業者ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。