スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国会議員より偉い?「早く、みんながおなかいっぱい食べられるようになってほしい」

読む!深イイ話
4820300563


幼小中で「粗食給食」 被災地の苦労実感して YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hiroshima/news/20110905-OYT8T00996.htm



東日本大震災の被災地で給食の提供さえままならない状況に思いをはせようと、福山市教委は5日、市立の小中学校、幼稚園の給食で、通常は1人245円の食材費を145円に抑えた「粗食献立」を行った。約3万人分で、浮いた約300万円は復興支援のために寄付する。

 献立は、ご飯と豚汁、味付けのりと牛乳だけで、子どもたちが一番楽しみにしている主菜はなし。福山市木之庄町、市立樹徳小の2年2組では、主任栄養専門員の今川京子さん(53)が「この献立でさえ出せない地域があった。同じ小学生の苦労を考えて」と呼び掛けた。子どもたちは「大切に残さず食べます」などと発言し、給食を平らげていた。

 市川友翔君(7)は「早く、みんながおなかいっぱい食べられるようになってほしい」と願っていた。

 宮城、岩手両県などの被災地では調理施設が被害を受けたため、パンやおにぎりと牛乳だけの「簡易給食」を続ける学校が相次いだ。



7歳の子供の方が国会議員よりもよく分かってるんじゃないの?

石原慎太郎東京都知事が我欲と言っていましたが、欲のない小さい子供達の方が被災地に対しての気持ちが熱いんじゃないのかと思います。

第二次世界大戦の時も小さい子供達が言っていたのが、

「泥水すすり草木を噛み、戦地の苦労を思えば、欲しがりません!勝つまでは!!」

って言葉です。

この言葉はある意味、軍国主義を象徴する言葉でもあるのですが、日本のために戦っている人達に対しての子供達の精一杯の言葉でもありました。

今、国難と言う言葉だけが先行していますが、増税するのは支持率が下がるので“嫌煙”する向きがあります。

本当はこの小学生達のように国民みんなでその苦労を分かち合うのが本当だと思います。

この話聞けばみんな感動すると思います。

今話題になっている島田紳助が司会をしていた「深いイイ話」でも取り上げて欲しい話です。

なんせこれはヤラセのない、本当の深いイイ話ですからね。

小学生なのに本当に偉い!と思った人はボールをキック!!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村
読む!深イイ話

読む!深イイ話
3行ラブレター 読む!深イイ話II 島田紳助100の言葉 (ヨシモトブックス) 涙が出るほどいい話―あのときは、ありがとう 島田紳助・元気が出る心あたたまるイイ話 大切な人に贈りたい24の物語~読むだけで人生が変わる「心のサプリ」
by G-Tools
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


Ads by Google
BLOGRANKING
Amazon.
QRコード
QR
アクセスカウンター
ブックマーク
Ads by google.
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
月別アーカイブ
ブックマーク
FX業者ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。