スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田中真紀子衆院外務委員長内定。野田政権崩壊の序曲か?

田中真紀子先生もう、引退して! (春日文庫)
須藤 義雄
4863211538


外務省が「驚愕人事」と動揺…田中真紀子委員長 YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110906-OYT1T00228.htm



民主党は5日、同党に割り当てられた衆参両院の常任、特別委員長などの人事を内定した。

 注目を集めているのは、田中真紀子元外相の衆院外務委員長内定と、岡田克也前幹事長の衆院予算委員会筆頭理事への起用だ。

 田中氏は2001年4月の外相就任から翌年1月に更迭されるまで、人事や外交日程の調整を巡り、外務省としばしば対立。同省を「伏魔殿」と呼んだこともある。このため、同省は「驚愕(きょうがく)の人事だ。外交を進めなくてはいけない時期に、そういう人事をする民主党の感覚がわからない」(幹部)と動揺を隠せない。

 一方、岡田氏のように与党幹事長を退いたばかりの“大物”が、予算委筆頭理事に就くのは珍しい。自民党の同筆頭理事が、党幹事長経験者の武部勤氏であるため、「民主党も重量級を充てるべきだ」と対抗した。2011年度第3次補正予算案の審議に向け、「野田首相を国会でしっかり支える」狙いもあるという。



野田首相は、各省の事務次官を集めた訓示で、

「日本再生には各府省の全力を挙げてのサポートが必要だ。存分に力を発揮してほしい」

と言ったそうだ。

がしかし、適材適所とは明らかに懸け離れた人事が外務省の田中真紀子。

外務省も心臓が飛び出るほど驚いたのでは?

 
田中真紀子(Wikipediaより)

金正男の身柄拘束後の対応

金正男の身柄拘束後の対応

2001年5月1日、北朝鮮の金正日の長男、金正男が出入国管理法違反により成田空港内で入国管理局に身柄拘束された。眞紀子は「そんな人を(日本に)置いておいて(北朝鮮から)ミサイルが飛んで来たら大変なことになる。すぐ帰さないとだめ!とっとと追い出して!」と発言した。この発言を根拠として、法務省・入国管理局の管理下に置かれたまま(警察・検察への引き渡しもないまま)すぐに退去強制させられた金正男の処遇を、外務大臣の彼女の差し金だと主張している人も一部にいる。
日朝平壌宣言調印や拉致被害者問題などで北朝鮮との関係に火種を抱えていた小泉首相・官邸の意思が介在していたかどうかは不明である。眞紀子の地元である新潟では拉致が多発していた事も無視出来ない。この時の田中眞紀子の対応は拉致被害者問題が社会問題化し、日朝平壌宣言が履行されていない現在は、金正男が拉致問題解決に非常に有利な外交カードであったにも関わらず、安易に取調べも無しに対北朝鮮摩擦だけを考え出国させた事は非常に問題があったという声も後に挙がっている。

アメリカ合衆国の機密情報を漏洩

アメリカ同時多発テロ事件の直後、眞紀子は機密情報であるアメリカ国務省職員の避難先を記者団に漏らした。当時国民の間で圧倒的な人気を誇る眞紀子の外相罷免を避けた小泉首相は、とりわけ対米外交において外相の頭越しに外交を行わせるようになる。この件が外務省や官邸への不信と怒りを呼んだ。

北朝鮮による拉致被害者

北朝鮮による拉致被害者

2003年10月31日、佐渡において行った藤島正之候補の応援演説で、「拉致家族の子供は北朝鮮で生まれたから本来なら北朝鮮に返すべきじゃないですか? その辺のところを蓮池何とか(=透、被害者の薫さんの兄)さんはよく考えてください」と発言し、 北朝鮮による拉致被害者家族連絡会・北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会を批判した。また、「(被害者に)耳触りのいいことを言うべきではない」、「(帰国した5人の拉致被害者の)家族の国籍は国際法上は北朝鮮籍。外務省も知っているはず。(日本帰国は)難しいとはっきり言うべき」と発言した。北朝鮮による拉致被害者家族連絡会と北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会は田中真紀子事務所に抗議したが、一切回答していない



Wikipediaを見ても明らかなように田中真紀子議員ほど外務省に適していないと思われる議員は他にはいないってくらい酷い人事。

金正男事件は内部リークがそこかしこにされました。

実際にその時の話も関係者から近い所から流れて来たこともあります。

それほどまでに酷い対応で田中真紀子が国益に適わない人物であったと判断されたと言う事ですね。

この人がいる限り拉致問題は解決しないんじゃないかと思います。

中国は北朝鮮の友好国。

つまり親中国派=親北朝鮮派と考えてもよいかと思われます。

ある意味、北と近い関係であれば拉致被害者をうまく帰国させる方策も考えられそうなもんだと思うのですが、人命や国益よりも個人的利益を優先させる、感情的に行動しやすい人物の為にその様な行動を起こす事はありえないのかもしれません

外務省も感情で動くヒステリックな方が就任するとまた何か仕出かしはしないかと冷や冷や物でしょうね。

野田総理も敢えて時限爆弾を懐に携えるなんて、心憎い演出。

でも真紀子爆弾は核兵器並に危険です。

国民のため爆発しない様にくれぐれも取り扱いに注意してください。



田中真紀子VS外務省、見物だ!と思った人はボールをキック!!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村
田中真紀子の正体
上杉 隆

田中真紀子の正体
小泉の勝利 メディアの敗北 石原慎太郎「5人の参謀」 官邸崩壊 安倍政権迷走の一年 世襲議員のからくり (文春新書) 田中真紀子の恩讐
by G-Tools
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


Ads by Google
BLOGRANKING
Amazon.
QRコード
QR
アクセスカウンター
ブックマーク
Ads by google.
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
月別アーカイブ
ブックマーク
FX業者ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。