スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日米“地位”協定って言うのは確かに名前が悪い。

「沖縄問題」とは何か―「琉球処分」から基地問題まで
藤原書店編集部
4894347865


野田首相:沖縄の「軍転法」 代替新法提出の方針表明 毎日jp
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110917k0000m010051000c.html



野田佳彦首相は16日の参院本会議で、11年度で期限が切れる「駐留軍用地の返還に伴う特別措置法」(軍転法)に代わる新法を来年の通常国会に提出する方針を表明した。軍転法は軍用地が返還された後の地主補償などを定めた議員立法で、1995年に施行されたが、沖縄県は政府による新法制定を求めていた。首相は「(沖縄の)潜在力を最大限生かした沖縄振興に取り組み、沖縄経済の真の自立と、自立可能な発展を目指す」と述べた。

 また首相は、在日米軍の軍人・軍属がパーティーなどの公的行事で飲酒した後の自動車運転を「公務内」とする現在の日米地位協定の運用について「見直すべきだと考えており、協議を日米間で加速している。私も必要な指示を出して取り組んでいる」と述べ、公務外への変更を米側に求める考えを示した。自民党の島尻安伊子氏の質問に答えた。【佐藤丈一】



日米地位協定。

この地位って言う言葉を聞くと未だに日本はアメリカの占領下にある様な気にさせられます。

日本は第二次世界大戦で敗戦した訳ですが、この法律は米兵にあまりにも有利な法律です。

日本人は米兵よりも身分が下とはさすがに書いてはいませんが、日本の国内法であれば即逮捕、起訴されてもおかしくない様な犯罪でも本国に帰ってお終いと言うパターンが多いです。

アメリカにして見れば、核兵器を持たず、徴兵制もない日本を周辺国から守ってやっているんだから当然だと言う意識なのかもしれませんが、犯罪を犯しても捕まらないのでは完全な特権階級です。

沖縄などでは毎年起きる米兵の犯罪に頭を抱えているらしいのですが今まで何も手を打ってこなかった日本政府の体たらくに怒りを感じている人が多数いるんでしょうね。

その怒りに油を注ぐような基地移転問題。

負担を押し付ける構図は福島原発と東京の関係に良く似ている気がします。

こんなのはアメリカと交渉してすぐ変更出来ればいいと思うのですが、今まで放置されて来ているのはアメリカの強い抵抗と日本の外交力のなさが原因なのでしょう。

犯罪した連中を塀の中に入れる権利。

この位は早急に取り返して欲しい物です。

そうでなければいつまで経っても沖縄問題などは解決しない気がします。

敗戦国民の日本人はアメリカよりも身分が下!?と思った人はボールをキック!!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村
「沖縄問題」とは何か―「琉球処分」から基地問題まで
藤原書店編集部

「沖縄問題」とは何か―「琉球処分」から基地問題まで
新書 沖縄読本 (講談社現代新書) 小説 琉球処分(上) (講談社文庫) 小説 琉球処分(下) (講談社文庫) アジアのなかの琉球王国 (歴史文化ライブラリー) 沖縄の歴史と文化 (中公新書)
by G-Tools
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


Ads by Google
BLOGRANKING
Amazon.
QRコード
QR
アクセスカウンター
ブックマーク
Ads by google.
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
月別アーカイブ
ブックマーク
FX業者ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。