スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3000万人予測はどこまでが真実か分からないな。

原発事故緊急対策マニュアル 放射能汚染から身を守るために
日本科学者会議福岡支部核問題研究委員会
4772610286


原発事故、首都圏も避難対象 菅氏、最悪予測で3千万人 共同ニュース
http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011091801000331.html



菅直人前首相は18日までに共同通信のインタビューに応じ、3月11日の東京電力福島第1原発事故発生を受け、事故がどう進行するか予測するよう複数の機関に求め、最悪のケースでは東京を含む首都圏の3千万人も避難対象になるとの結果を得ていたことを明らかにした。

 発生直後には、現場の第1原発の担当者と意思疎通できないなど対応が困難を極めたことを強調。原因究明を進める第三者機関「事故調査・検証委員会」(畑村洋太郎委員長)は菅氏から事情を聴く方針で、事故対応をめぐる発言は、再発防止の鍵になりそうだ。



アメリカを筆頭に各国がすぐさま避難したのに日本だけのん気に逃げずにいたのは管首相の決断力の欠如がもたらした賜物だったのでしょう。

3000万人。

日本の人口の約4分の1。

大混乱は簡単に想像出来る数だったのかもしれないですが、もし本当にこの予測通りであったのならば多数の犠牲者が出ていたかもしれません。

東日本が潰れることも想定しなければならない。

そんな言葉も当時は批判されましたがその背景にはこの予測があった。

今、管首相がこの様な事を言えるのも福島原発の事故で東京に大被害がなかった事とある程度の収束の見込みが付いたからなのでしょうけど。

もし気象状況が違い東京などに放射性物質が大量に降って被爆者が出ていた場合はなぜ知っていて黙っていたんだとなるんでしょう。

結果がすべてとはよく言ったものですが、本当は批判されてしかるべき対応であったと思います。

これにはよく事前に原発が事故を起こした場合についての対応策、避難の仕方やヨウ素剤を飲用する等の訓練やマニュアルがなく大混乱になる可能性があった事が言い訳になります。

しかし未だに誰もが納得出来る原発対応マニュアルが作成されていない所を見るとまだ安全神話もどきを国民に信じ込ませようとしているのでしょうね。

危ない物は危ないと認識して対応すればまだ良いのですが、危ない物を安全だと誤認識していると色々な事を疎かにして事故が起きた場合の被害が大きくなります。

今後は最悪の事態の想定とその最悪の事態が起きた場合についての対応策についてオープンにしてもらわなければ安心する事は出来ません。

また電力会社も核兵器を扱っているのと同じ認識を持ってより安全なエネルギーへシフト、開発していかなければならないと思います。

3000万人の避難計画。

将来また日本のどこかで事故が起きる可能性があるのにまだ出ていません。

もっと早くその話をするべきだった!と思った人はボールをキック!!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村
原発事故緊急対策マニュアル 放射能汚染から身を守るために
日本科学者会議福岡支部核問題研究委員会

原発事故緊急対策マニュアル 放射能汚染から身を守るために
世界一わかりやすい放射能の本当の話 増補改訂版 家族で語る食卓の放射能汚染 知っておきたい放射能の基礎知識 原子炉の種類や構造、α・β・γ線の違い、ヨウ素・セシウム・ストロンチウムまで (サイエンス・アイ新書) 緊急改訂版 〔原子力事故〕自衛マニュアル (青春新書プレイブックス) 大震災・原発事故から命を守る サバイバルマニュアル100: ~こうすれば地震・放射能汚染も怖くない!
by G-Tools
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


Ads by Google
BLOGRANKING
Amazon.
QRコード
QR
アクセスカウンター
ブックマーク
Ads by google.
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
月別アーカイブ
ブックマーク
FX業者ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。